Common・コモン プレート

Common (コモン)のある日常を。 長崎県・波佐見町

料理を盛る、運ぶ、洗う、収納する、Common(コモン)は、日常の全てのシーンで使いやすさと心地よさを考えて設計された、2014年日本生まれのテーブルウェアブランドです。 目指したのは、見たことのない普通の食器。デザイナーに角田陽太を迎え、磁器の食器は波佐見焼の老舗・西海陶器、グラスウェアは東洋佐々木ガラス、カトラリーは燕振興産業と日本の確かな技術が込められいます。
★業務用対応OK。大口のご注文は、お問い合わせフォームからお願いいたします。


アイテム種別から選ぶ

商品一覧 108件見つかりました

Common





2014年春デビューのCommon (コモン)とは

デザイナー角田陽太が目指したもの、見たことのない普通の食器。

一見なにもデザインされていないかに見えるかもしれません。でも手にとると伝わるもの。 そんなCommonのコンセプトについて、デザイナー角田陽太氏はこんな風に話しています。 「目新しくはないけれど、今まで見たこともないもの。無意識にどんな場面にも溶け込めるもの。 目新しいものは、いざ使って見ると持て余してしまったり、なかなか生活の中に溶け込みにくいということも多い。 誰のためにデザインするのか?使う人はどう思うのか?と徹底的に思考し、 今日買ってきたばかりなのに、長年そこにあったかのような、自然な一体感を感じさせるデザインを意識しました」(All about記事より)



Commonの魅力は、使う人に"気を使わせない”ところ。

デザイナーのこだわりも、老舗の技術もたくさん詰まっているけれど、 それを感じさせない、使う人に気を使わせない、それがCommonという食器の素晴らしさだと思います。
手にしたときの軽さ、厚み、重ねた時の収まりの良さをぜひとも感じてください。 とても「ふつう」なのに、居心地が良く、離れられなくなる、まるで家族のような存在。 それが、Commonのこだわり”普通”という魅力です。



日本色へのこだわり。空間を明くする6色のカラー。

Commonのカラーは6色。こうして並べると、北欧のアラビアの食器のようにとてもカラフルです。 けれどここにもしっかりの日本らしさがこめられています。 ポットやマグだけの限定色である赤は「朱」を、「緑」は伝統色である若草色を思わせます。 カラフルだけれど、上品でやわらかなコーディネートをたのしんでいだけます。



持ちやすいカタチ、うれしい軽さ、アウトドアやケータリングにも。

たとえばピクニック、キャンプ、BBQ、イベント、ご近所への差し入れ、
軽くて持ち運びもラクだから、さまざまなカタチでライフスタイルに取り入れていただけます。 どこにいってもその場を明るく彩ってくれるはずです。



業務用としても想定されているテーブルウェアブランドです。

業務用としても想定されているCommonは、 レストランやカフェで必要なボウル、プレート、マグ、スープマグ、ポット、 ワイングラスやタンブラー、さらにカトラリーまですべて揃います。 もちろん同じサイズはスタッキングして収納できます。 東京・渋谷区の「GOOD MEALS SHOP」をはじめ、取り扱い店舗も増加中です。 飲食店様向けにはサンプルの貸し出しも行っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。 問い合わせフォームからどうぞ。





commonの特集

お家でもワイングラス。夏は白い器で。

common ポット

コモンのカレー皿

ギフトラッピング

配送情報

  • 送料500円
  • 新規会員登録500ポイント
  • 飲食店のみなさまへ
  • 家ごちレシピ
  • global shopping site
  • Facebook
インスタグラム更新中です